鍵盤の その奥

今日はワタシがピアノのレッスンを受ける日。ワタシが生徒の日。

いつも言われているし、難しくて難しくて、限界ギリギリなことが 

今日もワタシのど真ん中を貫きました。


ワタシの尊敬する数々の師たちは、まあまあそこを「濁す」んですが

今、師事しているセンセったら

気にしていたことに「ズッキューン」

ほんま、弓道やらはったらエエのに、と思うくらい、命中率もほぼ100%


さあ、今日のお題はコレ。

全訳ハノンの表紙に、落書きしたんかい?

いえ、違います。


わからないでしょうよ、誰にも。ワタシだってこう描くのが精一杯。


コレは ずっとずっと手にしたくて、欲しくて欲しくて堪らないソレ。

SWINGの視覚的捉え方っていうのかな。

ド→ラ→ド→ミ→ソ 矢印の太さですら それをちゃんと現していて

「解っていると思っていた」ことが イコール「出来ている」ではないと気づかされ

先生の前で大きく溜息をついてみました。


後ろが強いワケでも無く、もっと深いの。

次の拍が鳴ってなくても聴こえるの。

音から音へ、渡すの。


センセ、いろんな表現で教えてくれる人。

わかる、なんかわかる気がする。出来ないけど、出来るようになるまでやる。


ワタシには、一生懸命をくれる人がいます。


貴方は どんな時 【一生懸命】を 感じますか?





ジャズピアノ教室【bonbon jazzpiano】

JR尼崎から徒歩9分の ジャズピアノ教室