PROFILE


講師 柏木玲子



岩手県一関市(有名なJAZZ喫茶,BASIEがある町)で過ごした幼少期
JAZZ好きの親戚の叔父さんの影響で なんとなくJAZZ というものに触れる。

中学、高校は吹奏楽部でホルン、ユーフォニアムを担当。
その頃は部活でディズニーメドレーの演奏が大好きで特にSAXOPHONEのSOLOの部分が刺激的で
これってJAZZ?  きっとJAZZだ、カッコいいな〜と思いながらも大人の音楽だと思い憧れに終わる。
大学時代は当時、大流行した大阪城城天BAND 【PARTY】のキーボーディストになり 
1990年、大阪花の万博 水上ステージにレギュラー出演。LIVEの楽しさを知ってしまう。
その頃YAMAHA主催のBANDコンテストで BEST KEYBOARD賞を受賞。

成安造形大学卒業後は すっかり音楽を離れ  
ART MODELを生業として全国の芸大とカルチャーセンターと画家との日々を過ごす。
ふと、先の人生を考えた時はすでに30代半ば。
かつて憧れたジャズピアノ。
今からでもやれるかな?とまずは独学。
その期間3年程で数々のLIVEやセッションホストなどを経験しJAZZの面白さに惹き込まれ
もっと上手くなりたいと本物の演奏とJAZZ理論に興味を持ち
JUPITER音楽学院の蓑輪裕之氏に師事、バークリーメソッドを修得。 
その後、竹下清志氏に師事。
現在はピアノのテクニックを身に付けるべく 甲南山手zingにて 
辻本三千代先生に日々、絞られ中。


気がつけば 頭と心、どちらもJAZZ漬け毎日。
そんな数年を過ごしたことで、何歳からだって誰だって弾いてみたい気持ちがあれば弾けるってことを身をもって体感。
音楽最高、JAZZ最高、コード最高、 みんなで弾こう、と思いはじめ
2009年より、【わかりやすいJAZZ】【まずはコードに慣れよう】をモットーに子供から大人まで たくさんの方々を指導。
現在は関西の様々な音楽シーンでジャズピアニストとして演奏活動中。